富雄個別塾

ご挨拶

塾長 はじめまして。富雄個別塾 塾長の小林俊彦です。
 富雄個別塾は奈良市富雄にある小学校3年生から中学3年生までを対象にした個人別指導塾です。生徒一人一人をしっかり見て、それぞれの子に合わせた指導を行うことで、できる子はより高いレベルへ、苦手のある子は一つずつ苦手をなくしていってもらいたいと思っています。
 私は、勉強は楽しくないといけないと考えてきます。全ての子は知的好奇心が旺盛で、知らないことを知っていくことは嬉しいと感じています。今までできなかったことができるようになると、みんな喜びます。私は全ての塾生に「勉強って楽しい」と言ってもらいたいと思っています。ただ人間は経験したことのないことを、楽しいと感じることはできません。だから最初はちょっと嫌だと思うことも、始めてみないことには楽しさを感じることはできないのです。是非一度富雄個別塾で一緒に勉強を始めてみましょう!実際に塾生の中には卒業の時に、「高校入試の勉強はしんどかった。でも最後の方は問題ができていくのが嬉しくって、勉強って面白いと思った。」と言ってくれた子が何人もいます。私は皆が「勉強って楽しい」と言ってくれるために、全ての塾生を全力でサポートします。
 そして生徒が伸びていく一番の秘訣は、間違いなく一人一人の「やる気」だと思っています。私たちは「やる気」を引き出すために、ほめることを大切にしています。そのために塾生一人一人とのコミュニケーションをより多くとりたいと思っています。あらゆる場面で生徒たちの一つずつの「できた」をほめていきます。もし注意しないといけない場面でも、一つ注意したらその何倍もできていたことをほめます。そして私が一番ほめるのは、「ここがわからないから教えて」と質問をしてきたときです。自分から質問することは、特に初めての時は子どもたちにとってものすごく勇気のいる事なのです。だから質問してきたこと自体をむっちゃくちゃほめます。そして理解できた時にもっとほめます。何が何でも質問して良かったと思ってもらいたいのです。そして「わからない時は塾で聞いたら大丈夫!」、「何度同じ質問してもOK」と子どもたちが気楽に質問してくれる確かな信頼関係を一人一人の生徒全員と結びたいと思います。
 子どもたちとの関係と同じくらい大切なのが保護者の皆様との信頼関係です。私たちを信頼してお子さまを託していただけることが、子どもたちの安心につながり、落ち着いた学習環境を与えてくれます。そのために私たちは定期的(ほぼ学期ごと)に保護者面談を行います。それ以上に大切にしているのは連絡帳です。今のご時世に非常にアナログなやり方ですが、授業終了後にその日の生徒の様子や授業内容、連絡事項をできるだけ毎回ご連絡するようにしています。定期テスト前などで手が回らない時は書くことができない時がありますが、保護者の皆様にも塾での生徒の様子を知っていただき、安心してお子さまをお任せいただきたいと思っています。またご家庭でのお子様の様子やご要望、連絡がある際にも連絡帳やメールでお気軽にお知らせ頂きたいと思っています。
 私たちは毎回の定期テストで、そして高校入試で、一人一人が目標を達成できるように全力でサポートしていきます。

塾長プロフィール

生まれ サラリーマンの次男として大阪市で誕生
中学2年 父親が転勤族だったのであちこちと転校を経験し、中学2年生の3学期に奈良市立登美ヶ丘中学校に転入
高校 中学3年1学期の学校の三者面談で、「奈良高校は絶対無理」と言われたことに発奮。2学期以降自分で言うのも何ですが、おそらく人生で一番というくらい必死で勉強し、念願だった奈良高校に合格
大学 一浪の末、奈良教育大学の小学校教員養成課程に合格
就職 ほとんどの大学の同級生が教職に就く中、学生時代にアルバイトしていた剣道具店の紹介で、九州の小さな剣道具メーカーに就職。全国を車で走り回る営業職で、東北・北海道・沖縄以外の全県を回りました。
転職 奈良県内のOA機器メーカー系の販売会社に転職。営業職、システムエンジニア、社内のシステム管理者などを経験。当時社内のイントラシステムとして、Webサーバーやメールサーバーを独学で構築し、運用管理していました。そのおかげで今でもパソコンは相当強いです。
独立 大病をしたことをきっかけにOA機器販売会社を退職。現在の地でシステムサポートなどの自営業を始めました。そんな中で大学時代に志していた子どもたちと関わる仕事をしたいという思いが強くなり、学習塾を始めることになり、今に至ります。